【エレキギター初心者のためのエフェクター使い方の基本】では、エレキギターを始めたばかりの初心者の方へエフェクターをスムーズに使う為の基本ノウハウをご紹介致します。エレキギターを弾き続けていく上で様々なエフェクターを使う機会が増えていくと思いますが、どんなエフェクターを使うにしても基本となる接続順番や各エフェクターゲイン調整の基本は変わりません。基本を無視したエフェクターの使い方は不要なノイズを生み出したり、ギターからギターアンプまで素直に流れるギター信号の妨げになります。エフェクターの効果の度合いは、個人の好みや曲調によって違ってきますが、最初のエフェクターセッティングの基本は同じです。

コーラス・フランジャー・リバーブ・ディレイの基本

コーラス・フランジャー・リバーブ・ディレイといったモジュレーション系空間系と言われるエフェクターを接続する場合、接続順番の基本は音色を加工するエフェクターの後に繋ぐ事です。

例として

コンプレッサー
オーバードライブやディストーション(歪み系)

を使用する場合、モジュレーション系空間系のエフェクターは歪み系の後になります。

エレキギターの音色が決まった(出来上がった)状態にして、それに広がりや揺れを与えていく訳ですが、この順番は各エフェクターの効果を気持ち良く聴かせる為の基本になります。

このパターンを替えた使い方として良く耳にするのが
高中正義氏もよく使っていた、1弦を連続ピッキングしながらローポジションからハイポジションへスライドさせていく(逆もあり)時に、ディレイ音が次々に重なってくる効果。

この場合は、ディレイを歪み系の前に繋ぎ、リピート音、リピート回数を多くしてやります。
リピート回数を上げすぎると止まらなくなりますので注意。

基本の順番のままでもやまびこ効果は出せますが、やまびこ音が綺麗過ぎて、高中氏の様なやまびこ音自体が歪んでくる効果は出せません。
タグ:エフェクター コーラス フランジャー リバーブ ディレイ
I Love FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。